ウォーターサーバーを設置するメリットは?


これまでウォーターサーバーはそれほど注目されない存在でした。
水道水があるのにわざわざ水を購入する必要があるのかという疑問と、もしも水道水が嫌だったらミネラルウォーターを購入すれば良いという認識が根強く残っており、この他にもサーバーを設置するスペースが無いため断念するケースもありました。

水は生活にも直結する存在であるにもかかわらず、サーバーが注目されなかった原因は多岐にわたりますが、近年ではこういった問題は徐々に解決されつつあると共に、安全で健康的な水を飲みたいという意見も出始めたため、少しずつ注目されるようになってきました。

ウォーターサーバーを自宅に設置することのメリットとしてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

無害な水を飲める

ウォーターサーバーを設置するメリットは何と言ってもまずは安心安全、無害で健康的な水を購入することができる点にあります。
最近では健康志向も高まってきており、水道水の消毒のために使用されているカルキは身体へ悪影響を及ぼす可能性があるため、これを飲み水として扱うことは減ってきています。

また原発事故の影響もあり、安全な水を飲みたいという志向に拍車がかかってきています。
次に持ち運びの面で便利であるという点が挙げられます。

水道水を飲まないとなると、ミネラルウォーターを購入することになりますが、普段の買い物の中でボトリングされている水を持ち運ぶことは重労働で、なかなか面倒なものです。
サーバーを設置してしまえば、あとは業者さんが水を運んでくれるため、手間をかけることもなく安全な水を購入することが可能です。

安全な水を飲もう

原発事故による水道水の放射能汚染はウォーターサーバーが再注目されることになった要因の1つでもあります。
放射性セシウムが水道水に混ざっていると、カルキなどとは比べものにならないほどに人体へ影響を及ぼしますので、事故が水の安全を考えるきっかけになりました。

厚生労働省から発表されたセシウムの基準値は10Bq/kgとなっており、この基準を下回っている水道水がほとんどのため、人体へ重篤な影響はないという政府の見解がありますが、人体への影響の有無が問題というわけではありません。

消費者にとって最も問題なのは、身体の負担になるような成分が少しでも水道水に含まれているかどうかという点にあります。
カルキですら気にする時代ですので、当然放射能汚染も気にする人が多く、その結果ウォーターサーバーで安全な水を確保することが注目されることになりました。

サーバーを設置することのメリットは重い物を持ち運ばなくても良いという点も勿論ですが、やはり健康で安心な水を得られるという面が大きいです。
毎日飲むからこそ、身体への影響が最も少ないものを選びたい、と考える人が増えてきています。

サーバーを設置すると、特定の水しか選べないのではとの懸念の声もありますが、その点は改善されています。
業者側も天然水にミネラルウォーター、軟水、硬水と様々なタイプの水を用意してくれており、いくつかの種類の中から選ぶことが可能です。

“安全”を買うという事
身に付けるものや部屋に置く物であれば、ある程度妥協したところで生活は送れますが、食べ物や飲み物のように口にする物は身体の健康にも大きく寄与することになりますので、心配して気を使うのは当然です。

病気になってからでは手遅れ、予防と対策が最も重要であり、飲み水を水道水からかえるだけで安全を買えるのであれば高い買い物では無い、と考えられるようになってきました。
安心安全はお金で買える時代です。

サーバー代金は安価

しかし水道水と比較してウォーターサーバーの設置に費用がかかってしまう点も否めません。
確かに蛇口をひねれば水は出てくるわけですので、それに加えて水を購入するのは少しばかり気が引けるかもしれません。

しかし最近ではサーバーのレンタル、および水の料金は非常に安くなってきており、12リットルから18リットル程度で1500円から2000円しか費用がかかりません。
ボトリングされたミネラルウォーターの値段を考えれば、それほど高いとは言えない値段です。

こちらより少し高いのは家まで運んでくれる運賃と考えることもできますね。
商品の内容についても口触りが良い軟水を中心に提供されているため、飲む以外に料理にも使用できるようになっていて便利です。

水道代やミネラルウォーターとウォーターサーバー、それぞれにメリットやデメリットがありますが、サーバー設置にかかる費用というデメリットは普及と共に解消されてきているのも事実です。

サーバーを設置することのメリットは、何よりもまず厳正に検査された安全でおいしい水を宅配してもらえるということです。

水道水は放射能汚染されている可能性があり、人体に影響が無いことは政府の公式発表によって明らかではありますが、よく分からない物を口にすることほど恐ろしいことはありません。
ウォーターサーバーは安心を購入していると言っても過言ではありません。