赤ちゃんの健康を考えた水の選び方


赤ちゃんを健康的に育てていくことは親の義務ですので、食べ物や飲み物も無害な物を選んでいくことは当然です。
幼い頃はまだまだ成長途中であり、免疫力もそれほど高くないことから、少しでも悪い物を口にさせてしまうだけで、病気にかかってしまうこともあります。

生まれたばかりの赤ちゃんには母乳か粉ミルクを与えることになりますが、粉ミルクはそんな免疫力にも乏しい赤ちゃんの健康を第一として作られているため、有害であるケースはほとんどありません。

しかしながら粉ミルクを作る時に使用する水に関しては、皆が必ずしも良い水を使用しているとは限りません。
赤ちゃんの健康を考えた時、どのような水を選んでいけば良いのでしょうか。

ピュアウォーターがおすすめの理由

粉ミルクを作る際に使用する水は、ピュアウォーターがオススメです。
水の質を考える時に基準となるのは硬度とPhですが、ピュアウォーターは人体に無害であり、また硬度とPhについても、赤ちゃんの体に影響を及ぼさない基準をクリアしていますので、安心して飲むことが可能です。

軟水、硬水、酸性やアルカリ性といった水質は、ボトリングされている水やウォーターサーバーの水ならば大抵の場合、常にチェックされていますが、水道水の場合には人体に悪影響を与える可能性の残るカルキによって消毒されている他、水質のチェックも毎日行われているわけではありませんので、あまり信用ができません。

確実に良い水を手に入れたいのならばボトリングされている水を購入するのが無難です。

硬度は大別すると2種類

水の硬度については、大まかに軟水と硬水の2種類に分けられます。
硬度は水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量によって決められることになり、これらのミネラル成分が多ければ硬水に、少なければ軟水になります。
硬水には腸の働きを活性化させるという特徴がありますので、便秘気味の方が飲むとお通じが良くなります。

しかしながら硬水を赤ちゃんに飲ませてしまうと、ただでさえ敏感に反応する体がより敏感になってしまい、お腹をこわしてしまうことになりますので、硬水を使用してミルクを作るのはおすすめできません。
できるだけ硬度の低い軟水を使用して、赤ちゃんの体にも負担にならないミルクを飲ませてあげると良いです。

pHについては酸性、中性、アルカリ性の3種類があります。
弱酸性には殺菌効果が、中性は無害、アルカリ性は体内に吸収されやすいという特徴があります。

弱酸性の水を口にするのはあまりおすすめできませんが、殺菌効果を上手に活用したいならば手を洗う際に使用すると良いです。
3者の中で最も赤ちゃんにもおすすめできるのが弱アルカリ性の水です。
中性は何の特徴が無いことが特徴ですが、弱アルカリ性の特徴は水分が体内に吸収されやすいという点にあります。

粉ミルクを作る時に使用すれば、水の力も加わって円滑に栄養を補給することが可能となります。
pH値の目安としては7.1~8.5を基準とした選び方が良いです。
pHの値はペットボトルのラベルにも記載されていることが多く、硬度に関しても記されている商品が多いので、水を購入する際にはこれらに注目した選び方を実践してみることをお勧めします。

赤ちゃんの健康にいいお水選び
赤ちゃんの健康にも良い水の選び方としては、まずは硬度に注目し、次にpH値を見る必要があります。
硬水ではないかどうか、弱酸性の水ではないかどうかを確かめることで安全を買えますので、面倒ではありますが買い物の際にはチェックしてみることをお勧めします。

硬度が高ければ栄養分も高い、と考える方もいますが、大人が飲むのではなく赤ちゃんが飲むと悪影響が出る可能性もありますので、これはあまり行うべきではありません。

ミネラルは水以外でも摂取できる

ミネラルウォーターの中に含まれているカルシウムやマグネシウムといった成分は、水でなくても摂取することは可能です。
よく勘違いされるのは、「ミネラルたっぷりの水ならばきっと体にも良いだろう」という考え方です。

これらのミネラル成分はわざわざ水に頼って補給しなくても、他の食べ物にも含まれていますし、当然赤ちゃんが飲む粉ミルクにも含まれています。
むしろ過剰に摂取してしまうことで弊害が生まれる可能性がありますので、硬水を選んでミネラル補給を行おうとはしないでください。

ボトリングされている水やウォーターサーバーの水は、あくまで水道水よりは安全性が高い水であるという認識で使用するようにしましょう。

赤ちゃんが飲むお水選びのポイント
赤ちゃんにも悪影響が出ない水の選び方のポイントは2点だけです。
1つめは、できるだけ硬度が少ない「軟水」を選ぶということです。
軟水は身体に負担をかけない水ですので、赤ちゃんでも安心して飲むことができます。

2つめは中性から弱アルカリ性の水を選ぶということです。
特に弱アルカリ性の水は吸収効率も高く、健康にも悪影響は出ませんので、これを使用するのがおすすめです。

水道水は消毒にカルキが使用されており、これが人体へ影響を及ぼすこともありますし、また放射性物質が含まれている可能性もありますので必ずしも安全な水とは言い切れません。
赤ちゃんの身を守るためにも安全性の高い水を選んでいくようにしましょう。