天然水に含まれる成分は本当に健康に良いのか?


健康志向が高まることによって食べ物や飲み物など、口にする物に含まれる成分にも注目するようになりました。
やがて飲み水に対してもこの流れが届くことになり、現在では水道水を飲むならばボトリングされたミネラルウォーターや天然水を飲むという方も徐々に増えてきています。

ミネラルウォーターや天然水の特徴は水道水と比較してカルキ以外の方法で消毒されている点の他にも、健康に役立つ成分が含まれている点が挙げられます。
それではどのような成分が含まれており、またどのような効果がもたらされるのでしょうか。

不可欠なミネラルは4種類

天然水に含まれている成分の中で健康に不可欠なミネラルは、ナトリウムとマグネシウム、カルシウムとカリウムの4種類です。
これら4種の中でもカルシウムとマグネシウムの量は硬度という形で表示されており、硬度が高いほど含有量も多いことを意味しています。

ただし硬度が高い水には香りや口触りが少し悪いという特徴があるため、料理には適していません。

また硬度が高ければ必ず健康のために良いというわけではなく、摂取し過ぎてしまうとお腹を壊してしまうことにもつながりますので、普段の飲み水を変える程度にしておかなければなりません。
カルシウムについては言わずもがな、骨を作るために必要であることは有名です。

不足しがちなミネラルで、牛乳に多く含まれているのもご存知の通り有名ですが、実は天然水でも補うことが可能です。
カリウムはナトリウムと手を取り合って働く成分で、血圧の上昇を防いでくれる成分ですが、多くの食品から摂取することが可能なため、これについてはわざわざ天然水で補ってあげる必要はありません。

それぞれの働きを理解しよう

ミネラル成分は厚生労働省によって種類が定められています。
上記4種の他にも鉄や亜鉛、リンなど、合計13種類のミネラルがあります。

ミネラルの働きは酵素との連携が必須で、酵素は食事によって摂取された栄養素が化学反応を起こすことによってできるため、ミネラルだけを摂取していても良い効果が現われることはありません。

栄養バランスの取れた食事、そしてミネラルもバランス良く摂取することで初めて健康な状態を実現できるようになります。
具体的には両者が連携することによって免疫系細胞が正常に作動してくれることになりますので、病気の予防に効果があると言えます。

それではミネラル摂取のために水を飲めば万事解決なのか、という疑問がわきますが、これは大きな間違いです。
ミネラルの種類は13種類あり、そしてミネラルは拮抗作用という特徴を持っています。

拮抗作用とは、特定のミネラルだけを摂取していった場合には、その他のミネラル成分が体外へ排出されてしまう作用のことで、例えばカルシウムだけを摂取しても、マグネシウムが排出されてしまい、期待している健康的な効果が得られない可能性が高くなります。

どれかに偏ってミネラル成分を摂取しても無意味になってしまいますので、サプリメントのみを飲めば良いというわけではなく、比例して食事にて他のミネラルも補給する必要があるのです。
食事はバランスが大事とよく言われますが、この言葉は特定の栄養素を過剰摂取したところで、健康に良い影響を与えてくれるとは言えないということを意味しています。

ダイエットの食事制限は健康に悪い?
ダイエットのために、美容のためにと食事の量や質を制限することがあります。
例えば肉は食べずに野菜だけを食べる。
美容に良いからという短絡的な理由でコラーゲンだけを摂取する。

ダイエットのために炭水化物を抜くといった食事制限などがありますが、こういった方法は健康に良いとは言えません。
たとえそういった方法で痩せられたとしても、それは痩せたというよりか、げっそりとやつれたと表現した方が正しいです。

綺麗に痩せるためにはバランスの取れた健康的な食事が必要不可欠です。

過剰摂取は逆効果

天然水やミネラルウォーターを飲むことは、それほど高い効果は期待できないと考える人、お金のムダだ、不必要だと突っぱねる人もいますが、全く効果が無いというわけではありません。

過剰摂取してしまえば意味はありませんが、普段の飲み水を少しだけ注意するだけで不足しがちなミネラル成分を補ってあげることも可能なわけですし、サプリメントで補うことと何ら変わりはありません。

少しの努力の積み重ねこそが健康な体を作っていくことになりますので、病気にかかってしまう可能性を考えれば、天然水を飲むことはムダではなく自分への投資と言い換えることもできます。

天然水に含まれているミネラル成分は、健康な体を維持する、もしくは健康な体を作っていく上で必要不可欠な存在です。
ミネラル成分は勿論食事によって摂取していくことも可能ですが、飲み水を変えることによっても補うことができます。

食事は好きな物を食べたいという方は、飲み水を変えて不足しがちなミネラルを補っていけば、サプリメントのような立ち位置で天然水を活用していけば健康な体を作っていくことが可能となります。