天然水の硬度が違うと何が変わるの?


市販されている天然水やミネラルウォーターはどれも同じようなもので、それほど違いはないと思われがちですが、それぞれ水の中に入っている成分は微妙に異なります。
特に違いがあるのが硬度です。

しかし、硬さと言われても具体的にどのような違いがあるのかは曖昧で分かりづらく、また硬度が違うことでもたらされる効果の違いについてもあまり知られていません。
今回は水の硬度ともたらされる効果について、見ていきます。

硬度を算出しよう

水を評価する際に用いられることになる「硬度」とは、具体的には水の中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量を示しています。
これらの成分の量が多ければ硬水、少なければ軟水と呼ばれることになります。

硬水と軟水の特徴としては、硬度が高ければ高い程、つまり硬水になるにつれて石鹸が泡立ちにくくなってしまい、硬度が低ければ低いほど、軟水になるにつれて泡立ちが良くなるという点が挙げられます。
この他にもカルシウムやマグネシウムは身体の健康に必要なミネラルであることから、ミネラル分の不足を水で補うことも可能です。

硬度の計算方法については、簡単に言えば「(カルシウム量×2.5)+(マグネシウム量×4.1)」となりますが、正確な計算方法を知らなくても関係無く良い水を選ぶことは可能ですので安心してください。
大切なのは、硬度は水の中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量を数値化したものである、という点です。

軟水と硬水の違い

それでは、硬度がどこからどこまでになれば軟水であり、またどこからが硬水なのか、その定義と基準はWHO(世界保健機構)が水質ガイドラインを示していますので、そちらを参照してみましょう。

WHOが定めている基準は、軟水と中程度の硬水、硬水、非常な硬水の4種類です。
それぞれの基準は以下の通りになっています。

軟水…0~60mg/L未満
中程度の硬水…60~120mg/L未満
硬水…120~180mg/L未満
非常な硬水…180mg/L以上

ボトリングされている天然水やミネラルウォーターが軟水であるかどうかは以上の基準によって決められていますが、市販の商品の多くは軟水から中程度の硬水です。
硬水か非常な硬水は商品として販売されていません。

また余談ではありますが、日本の水道水は質が高く、硬度が120までの水が多いです。
その特徴としては口当たりが滑らかで飲みやすいことが言えます。
都道府県によって取水地が異なるため、地域ごとで水の硬度は少しずつ違います。

次に硬度が違う水の効果に関する具体的な違いについてですが、硬度が高ければその分カルシウムやマグネシウムの量が増えますので、適度に飲むと健康に良いと言えます。
そのかわり硬度の高い水は口当たりもあまり良くはありませんので、美味しくないと感じるかもしれません。

柔らかなのどごし、美味しいと感じる水はやはり軟水となります。
軟水の場合でも水道水とは違いカルキによる消毒はされていないため、水道水特有のカルキ臭さもありませんし、また体に悪影響を及ぼすわけではありません。

水道水とミネラルウォーターの消毒の違い
水道水はカルキによる消毒がなされていますので、そのせいで健康を害する可能性がありますが、ボトリングされている天然水やミネラルウォーターではカルキによる消毒がされていませんので、水の硬度に関係なく、健康に役立つことは間違いありません。

軟水には美肌効果も期待できますので、飲むだけでなく洗顔にも活用してみるといった使用方法も考えられます。
対して硬水には便秘を解消する効果が期待できるというメリットがあります。

どちらの方が優れているというわけではなく、それぞれに特徴とメリットがありますので、硬度の違う水を上手に使い分けていく必要があると言えます。

硬度の違いによるデメリット

しかしながら硬度の違う水には少しばかりデメリットがありますので、これに関しては覚えておいた方が良いです。
硬水のデメリットとしては独特の風味が残ってしまうため、料理に使用するのには適さないということです。
あくまで飲み水として扱うことをお勧めします。

これに対して軟水はデメリットがありません。
料理にも体を洗うのにも、勿論飲み水としても最適です。
硬水の扱いだけは、少しばかり難があると言えますが、身体へ悪影響を及ぼす危険はありませんので安心して飲むことが可能です。

風味を損なうのが嫌だ、という時だけは軟水を使用し、他の場合には硬水を飲むといったように、料理をつくったりお茶をいれたりする際には使い分けるのがおすすめです。

ボトリングされている天然水、ミネラルウォーターには硬度という違いがあり、これはカルシウムやマグネシウムの含有量を示しています。
硬度の違いによって味が若干異なる他、メリットについても変化してきます。

硬水には特徴的な風味がありますが、便秘解消の効果が期待できるというメリットがあります。
対して軟水には美肌効果が期待できるというメリットがあります。

軟水と硬水の特徴の違いをふまえた上で、希望の効果が期待できる天然水を選び飲んでいくと良いです。